Syouhyoutouroku

商標登録について説明します

ほとんどの会社は赤ん坊を示すと同様に多くの努力と彼らの商標について懸命に考える。 すでにインスピレーションを得ているため、すぐにでもよい場合があります。 それ以外の場合、彼らは単語か句に彼らの考えを表現することは堅いことを見つけるので困難である。 さいたま小川サービスは、商標登録の手続きをお手伝いしますので、創造性を心配するだけでよいのです。

「新会社法」施行後の商号の柔軟な規制

以前は、同じエリアにある 2 つの会社が名前を共有することはできません。 また、会社の目的を記載していない言葉を会社に電話することもできません。 この 2 つのルールは矛盾する可能性があります。つまり、同じ分野で多数の企業が選択を複数の同義語に限定する必要があるからです。

「新会社法」の施行により、商標を選択する際に企業にはより自由な権利が与えられます。 たとえば、製造会社は、その名前に「製造会社」を追加する必要がなく、その設立者の名前を付けられます。 避ける必要があるのは、提供していないサービスを表す言葉を使用すること、または関連していない会社と同じ名前を持つことだけです。

仮想オフィスには注意してください

現在、多くのオフィスは物理アドレスに存在しません。 ただし、これらはまだ課税対象の市、町、または地区に登録されています。 これらは「バーチャルオフィス」であり、「新会社法」にも拘束されています。 選択したら、仮想オフィスを検討して、同じ商標を共有しないようにします。

使用しない文字などのルールがあります

会社名は会社法第 6.2 条の規定により、末尾までに「株式会社」を追加する必要があります。 また、会社法第 8.1 条の規定に基づく別の会社の漢字の使用は避けなければならない。 最後に、商業登記上の規則第 50 条に基づくギリシャ文字や記号「 @ 」は使用できません。

商標を登録するために特許代理人に連絡するべきである

特許は、異なる企業が製造する製品が消費者によって混同されないようにするためのセキュリティの重要な手段です。 商標を登録すると、選択した商標を使用して他の会社が製品を販売することはできなくなります。 市場にある製品が登録商標を使用して発見された場合、その製品の販売者および供給元は調査され、それに応じて処罰または罰金が科されます。

あなたの登録を解決するのを助けることは認可された特許代理人だけ許される。 プロセスを案内し、決定事項を修正する必要があるかどうかを説明します。 弁護士を持っているにもかかわらず、商標の規則で教育されるマネージャーのために正常である。 これにより、ビジネスのセキュリティが強化されます。