Syoruihuyou

日本の社会保険の範囲 

世界中で、より良い未来を確実にするために社会保険プランを持つことは非常に必要です。ここ日本では、実際にはすべての人に義務付けられているので、同じことが当てはまります。喜ばしいことに、社会保険は私たちが提供できることを誇りに思っている埼玉小川サービスの1つです。 

社会保険税法社会保険制度の 

保有者は、当該制度の対象となるすべての給付を享受する前に、一定の料金を支払う必要があります。この社会保険税の半分は実際には従業員の給与から差し引かれ、残りの半分は会社が支払っています。 

 

支払い方針については、納税期限の翌月に納税する必要があります。これにより、新入社員がすぐに支払う必要はなくなります。 

保険プランの範囲 

ここで、社会保険プランを持っているときに楽しむことができるさまざまな範囲を見てみましょう。 

健康保険 

社会保険制度により、保有者は総請求額の30%しか支払えない健康保険給付を享受することができます。これは、国内のどの医療施設でも使用できるため、全国で役立ちます。

 

社会保険と同様に、健康保険にも標準の月給に基づいた独自の計算があります。金額は、地域に応じて決定される健康保険料に掛けられます。 

介護保険 

この給付には、65歳以上の人の在宅支援が含まれます。この保険に加入するには、40歳以上の従業員は追加の税金を支払う必要があります。健康保険の計算に使用されるのと同じ式が、率が固定の1.79%であるという事実を除いて、これにも適用されます。 

社会年金 

65歳以上の人に年金を支給するために社会年金税も徴収されます。保険保有者もその年齢で退職すると同じ給付を受けます。社会年金を計算するために、18.30%の標準年金率で同じ式が使用されます。 

子育て 

このメリットは、すでに自分の子供を持っている従業員が享受しています。他の社会保険とは異なり、子育ては主に会社が担っています。支払う必要のある金額を計算するために、従業員の標準月給に、0.36%の子育て率を掛けます。 

年次社会保険報告書三 

帝木曽とどけとも呼ばれるこの年次報告書は、毎年7月に日本年金機構に提出する必要があります。その後、毎年9月に従業員の標準報酬が再決定されます。新しい標準報酬を再決定すると、これは翌年の8月まで修正されます。