許認可申請、契約書作成、起業支援は、さいたまのおがわ行政書士事務所へ。元新聞記者の女性行政書士が丁寧にサポートします!

048-814-3038

営業時間 平日午前9時~午後5時
(土日祝日も対応します。お問合せください)

会社設立登記に必要な書類あれこれ

登記申請に必要な書類あれこれ

 

公証役場で定款を認証してもらった後は、いよいよ設立登記の準備です。

定款とともに必要書類を提出し、法務局で登記をしてもらうことで、会社法人として成立したことになります。

やらなければいけないことは主に2つあります。

  ① 設立に必要な書類を作ること

  ② 銀行口座に資本金を振り込むこと      です。

では一つひとつ見ていきましょう。

設立に必要な書類を作ろう

設立に必要な書類は、いずれも法務省のホームページからテンプレート・作成例をダウンロードできます。

法務省のHP1

「【目次】」から「第1株式」を選び、さらにその

中の「1.設立」を開きます。その中にある「1-3 株式会社設立登記申請書(取締役会を設置しない会社の発起設立)」を選びます。

 

WORDや一太郎など、ご自分のファイル形式に従ってファイルをダウンロードし、記載例を参考に作成しましょう。いずれも記載例がついていますが、会社の形態によってはいるものといらないものがあります。

 

ちなみに取締役会なし、現金のみ出資をする一人会社の場合、以下の書類が必要になります。印鑑証明書以外の書類を自分で作成します。

 ・登記申請書
 ・登録免許税分の収入印紙を張り付けたA4用紙
 ・定款
 ・発起人の決定書
 ・設立時取締役の就任承諾書
 ・設立時代表取締役を選定したことを証する書面
 ・資本金の払込を証する書面
 ・資本金の額の計上に関する証明書
 ・委任状(代表取締役が登記申請に行かない場合)
 ・取締役の印鑑証明書
 ・印鑑届出書


銀行口座に資本金を振り込む

上記の書類のうち、「資本金の払込を証する書面」は、定款に記載されている資本金が、発起人から振り込まれていることを証明するものです。定款認証後、実際に銀行への払込が必要になります。

会社の銀行口座は登記完了後でなければ作成できないので、代表の個人口座に振り込むことになります。

注意する点は、

 ① 残高証明ではなく、必ず振り込みで行うこと

 ② 必ず定款の認証後に振り込みを行うこと(フライングしないように!)

です。

必ずしも事業用の口座を新規開設しなければいけないというわけではありませんが、通帳残高をいったんゼロにできればベターです(新規の場合はゼロからスタートできる)。

 

「資本金の払込証明書」は、通帳のコピーを添付して作成します。

1枚目 払込証明書

2枚目 通帳の表紙

3枚目 通帳を開いて1ページ目(表紙の裏側)

     支店名や口座番号が記入されているページ

4枚目 払込の記録が印字されているページ

     マーカーなどで払込人、金額が分かるようにしておくとベターです。

 

以上をホチキスで綴じ、各ページの継ぎ目に会社代表印で契印をします。

 

設立登記へ

これらの書類をそろえたら、一式を持って法務局へ行きましょう。

ゴールは目前!いよいよ法務局で設立登記の申請です。