Hanko

シールマーク:管理者の証明

さいたま小川はあなたのビジネス投機を始めるのを助けることができる。 当社のサービスでは、お客様のビジネスに合わせた印鑑マークの作成をお手伝いします。 シールマークが重要な理由がわからない場合は、この記事でシールスタンプの概念を紹介します。 私たちの生活に共通のものですが、経営者にとっては非常に重要です。

シールの役割

印鑑に記載された書類は、本人が作成したものであると推定されます。 これは、お客様の同意または合意の確認を確認する強力な証拠と見なされます。 どのようなシールを使用しても、「マーク」は契約を締結するための十分な準備が整っていることを示すものです。

使用されるシールの種類はほとんど無関係である。 3 円のシールまたは登録されたシールであっても、関与する裁判所および人々はあなたの署名を見、あなたの力のすべての権限とのそれを扱う。 あなたの原料について非常に picky でなければ百円の店からのゴム製シールのために解決することができる。

個人用の印鑑です: 実印と三文判

私達がすべて安いシールのために解決できれば、なぜだれでも 実印 のための高い価格を支払うことを迷惑を掛けてもいいか。 答えは、 3 円のシールは大量生産される。 これらは、スタッフメンバーに、自分の代わりに契約書を読んだり、作成したり、署名したりする権限を付与するために共有するスタンプの種類です。 一方、出津インが署名した場合、その登録商標の所有者が契約の有効性を二次確認した場合にのみ、署名が認識されます。

例えば、関係団体はあなたの Jit-in によって署名された契約を受け取ったのであなたを呼んだ。 確認した場合は、契約の最後に進みます。 しかし、契約書に署名しなかったと言った場合は、誰かが署名を偽造しようとしたことを意味します。 裁判所は、お客様の損失なしにこの契約を拒否します。

ビジネス向けシール

ビジネス所有者として必要とする 3 種類のシールがある。

  1. 代表シール
  2. バンクシール
  3. 会社シール

代表者印は法務局に登録するものです。起業するときには絶対に必要なものです。実印のようなものですが、会社関係の事務にしか使いません。

銀行印は、引き落としの管理や金融機関への報告などに使います。社長の代わりに経理部が会社のお金を扱うので、権限を限定して別の印鑑にした方が良いでしょう。

会社の印鑑は、会社名を「株式会社」と記載します。領収書や請求書、見積書など、比較的マイナーな会社のものに使用します。通常は四角形の形をしていることから「四角い印鑑」と呼ばれていますが、どのような形をしているかはあまり重要ではありません。